4/23(土)、4/24(日)の2日間にわたり行われた、スマートフォンアプリジャム2016
(SPAJAM2016)大阪予選に、ブリリアントサービスのメンバーで参加してきました。


メンバーは、エンジニアの佐々木、田中、4月に入社した新入社員の芝池、そして私杉田の4名です。


SPAJAMとは


発表されるお題に基づいてチームでスマートフォンアプリを作成、
プレゼンテーション発表、実機で実演までを2日間で行い、
総合的に優れているチームに賞が授与される大会です。

本選は温泉地にて開催されます。 
そこで最優秀賞をいただくと、賞品がシリコンバレースペシャルツアー!

本選へ行くためには、まず予選を通過しなければならないため、
その大阪予選に今回は参加してきました。

詳しくはこちら → SPAJAM2016予選概要



1日目


私自身初めてのハッカソンにドキドキです。

最初はチームバラバラで席につき、アイスブレイクではじめましての方々と交流を深めます。

イベント自体はチームで参加する形式だからか、
こういったイベントに出場することが初めてという方も多かったです。

緊張も徐々にほぐれてきたところでアイデアソンに突入です。


今回の大阪予選は12チーム約50〜70名が参加。
たった数分でこれだけのアイデアが生まれました。


実用的なアイデアから、面白さに突っ走っているアイデアまで。

自分の発想にはなかったアイデアを聞くことで、新しいアイデアが生まれるきっかけにもなるし、
人のアイデアを聞けるアイデアソンって貴重な機会だと思いました。


そして、今回の大阪予選のお題が発表されました。
お題は「おでかけを楽しむ」

ここからは翌日のお昼頃まで、チームごとで開発です。


作成するアプリは昼食時間に決定し、作業の割り振りとタイムスケジュールも決め、
後は黙々と作成。


あっという間に1日目の終了時刻となり、一旦解散しました。





2日目


翌日の朝10:00〜作業再開です。



時々他愛のない話をし、黙々と終了時刻ギリギリまで作業。

時間が過ぎるのは早く、気付けばプレゼンテーション開始時刻。



私達は通勤に着目し、「WorkingGame」というアプリを作成しました。

コンセプトは、歩きながら画面を見ることなくアクションゲームが行える、体験型ゲーム。


トータルで考えると通勤に結構な時間をかけているのに、
通勤って楽しくないからなのか、おでかけって言わないし聞かない。
通勤時間をもっと楽しくできるのではないか、というのが本アプリの作成理由です。


作成終了間近で予期せぬことが起こり、予定していた実装とは少し異なる形となりましたが、
それでも発表できるレベルまで仕上げた3人の技術力に感謝です。

そして、通勤というキーワードに合わせて当日はスーツでしっかり合わせてきた二人でした笑





最後に

どのチームも、2日間で作成したとは思えないような実装力の高さとプレゼンテーション力で
業務だけでは得られない部分を学ぶことができ、とっても楽しかったです!


賞は取れなかったですが、プロダクトが作られていく過程を短期で体験できることは
ハッカソンの醍醐味だと、自身で感じることができたことは大きな収穫でした。


開発中はレッドブルやお菓子、モンテールさんのバームクーヘンが運営さん側から提供されたりと、
糖分補給としておいしくいただきました。ありがとうございました!

2日間にわたり、みなさまお疲れさまでした。


大阪予選は終わりましたが、予選の応募締切がまだな会場もあるみたいです。
詳しくはこちら → SPAJAM2016予選一覧

ご不明な点などありましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ